近況報告②


立派なキャベツが取れました。
このドヤ顔を見て頂きたい!
キャベツを使った料理は色々ある。
中には相当手の込んだ物もあるようだが、私はキャベツをさっと炒め、しょう油をぶっかけて食べるのが一番好きだ。
シンプル・イズ・ベスト!
岡林さんの歌にも通じるところですな。
(そう来ると思ってた)

2021年6月14日
岡林信康

近況報告①


玉ねぎの収穫期である。
写真は、鳩小屋の軒下に吊るされた、我家の畑で収穫した玉ねぎ達。
他にも数か所の軒下で吊るされている玉ねぎの総数は、約100個。
御近所や友人、知人にプレゼントしたものを合わせ、今年も約200個の玉ねぎを収穫した。
ちなみに私が50年間の歌手生活で作った歌の数は約150曲。
1年に200と50年で150。
歌作りより玉ねぎ作りの方が得意だというのは、歌手として如何なものであろうか。
一度真剣に考えてみてはどうか。(今さら遅いわ)

2021年6月7日
岡林信康

お知らせ

岡林信康から皆様へ

私と40年以上もお付き合いのあった陶芸家、足立博昭さんをご紹介させて頂きます。
残念な事に、彼は昨年11月1日、70歳で永眠しました。私の新しいアルバム『復活の朝』に収録した「冬色の調べ」で私は彼のことを歌いました。今もあの歌を聴くと、彼の事を思い出し、胸がいっぱいになります。良い人でした…。
もう30年ほど前の事ですが、彼の工房で、彼がこねてくれた粘土を用い、私は鳩の形をした壁掛けのような物を作りました↓

私は鳩が好きで、当時20羽ほど飼育していたのです。ほんのお遊びというか冗談半分で素人が作った物なのに、彼はそれに何度も丁寧に色付けし、焼き上げ、完成させてくれたのです。彼の大らかで、温かく、優しい人柄を感じさせてくれる出来事でした。その鳩の焼き物は、今も我が家の鳩小屋の壁に飾られています。
彼の作品はその人柄同様、奇をてらう事のない伝統を踏まえた落ち着いたものが多かったのですが、時にはティーポットのつまみにかわいい金魚をあしらってみたり、ふくろうがチョコンと椅子に鎮座する置物を作ってみたり、遊び心も感じられ大いに楽しませてくれました。我が家には食器、花瓶、壺、そして置物等、彼の作品がたくさんあって、私の心を和ませ、楽しませてくれています。
彼は多くの作品を残して逝ってしまいました。
私だけでなく、もっと多くの人々、特に私の歌を愛して下さる方々に彼の作品を味わって頂きたいと思い、ここに紹介する事にしました。足立博昭と彼の作品をどうかよろしくお願いします!!
もし、私のCDを買おうか、それとも足立さんの作品にしようかとお迷いの方がおられましたなら、そこは躊躇うことなく思い切って私のCDにして下さい!?(この人の話には必ずオチがある‥‥。)

2021年5月31日 岡林信康

京都で作陶を営んでいた足立博昭の作品です。作品はすべて一点物です。
https://dodangama.official.ec/
 

FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」3月は岡林信康特集です

【ラジオ】
田家秀樹さんのラジオ番組FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」。3月はなんと全てぶち抜きで岡林信康特集となります。先日収録も無事に終わりました。あらゆる年代、ジャンルを網羅した興味深い話の数々。是非お聴きください。

[J-POP LEGEND FORUM 2021年3月特集]
ついに登場!岡林信康「復活の朝」ーーー
*2021年3月3日、23年ぶりのオリジナルアルバム「復活の朝」を発表する岡林信康の孤高の軌跡を辿る。
DJ:田家秀樹 ゲスト:岡林信康
3月1日(月)21:00〜22:00[PART1]「復活の朝」編
3月8日(月)21:00〜22:00[PART2]「URC・ソニー」編
3月15日(月)21:00〜22:00[PART3]「コロムビア・ビクター」編
3月22日(月)21:00〜22:00[PART4]「東芝EMI」編
3月29日(月)21:00〜22:00[PART5]「森羅十二章・復活の朝」編
https://cocolo.jp/service/homepage/index/1210/
「FM COCOLO」は、パソコンやスマートフォンで無料でラジオが聴けるサービス「radiko」でもお聴きいただけます。
パソコンの場合は、こちらから
http://radiko.jp/#!/live/CCL
スマートフォンの場合は、GOOGLE PLAY、もしくはAPP STOREで「radiko」と検索アプリをダウンロードすると、クリアな音質でお聴きいただけますので、ぜひ「radiko」でもお聴き下さい。
radikoは、「タイムフリー機能」を使えば、過去1週間以内に放送された番組を聴くことができます。
さらに、「シェア機能」を使えば、あなたのおススメ番組を友達にSNSで拡散することもできます。ぜひお試しください。

FM NACK5「K’s TRANSMISSION」3月5日(金)放送は岡林信康特集

3月5日(金)21時~FM NACK5で放送される坂崎幸之助さんのラジオ番組「K’s TRANSMISSION」では、3月3日(水)に発売となる岡林信康の23年ぶりとなる全曲書下ろしアルバム『復活の朝』の特集が組まれます。
岡林信康の最新のコメントを交えながら、アルバムからの曲も流れますので、是非お聴きください。
https://www.nack5.co.jp/program/ks-transmission/

NACK5の番組をアプリやインターネットで聴くには?
埼玉・東京・千葉・神奈川・茨城・栃木・群馬のエリア内であれば、PCやスマートフォンからNACK5の番組を無料でお聴き頂けます。また、「radiko.jp プレミアム」(月額350円[税別])では、「radiko.jp」に参加している全国各地どこにいても聴くことが出来ます。ぜひ、お試しください。

岡林信康がコロナ禍の中23年ぶりに放つ全曲書下ろしアルバム!

1998年に発表した『風詩』以来、実に23年ぶりとなる全曲書下ろしアルバム。

2020年6月にYouTube上で突如発表されたアルバムタイトル曲でもある「復活の朝」をはじめ、環境破壊、生と死、自身の老い、平凡な日常のありがたさ、画一化する社会やシステム、体制への痛烈な皮肉など、今の時代の空気に切り込んだ岡林信康らしいメッセージ・ソング集。アルバムのラストは1stアルバム『わたしを断罪せよ』(1969年発表)のラストを飾った「友よ」の続編ともいえる「友よ、この旅を」で締めくくられる。

アルバムのライナーノーツは2020年11月に京都で劇的再会を果たした盟友・松本隆氏が担当。

コンサート活動が全面休止に追い込まれたコロナ禍の中でしか生れ得なかった、74歳の等身大の岡林信康の姿が浮かび上がる全9曲。


2021年3月3日発売 岡林信康『復活の朝』
フォーマット:CD 品番:ONL15 /  ¥3,000+税 / バーコード:4988044062238

1.復活の朝
2.蟬しぐれ今は消え
3.コロナで会えなくなってから
4.恋と愛のセレナーデ
5.お坊ちゃまブルース
6.アドルフ
7.BAD JOKE
8.冬色の調べ
9.友よ、この旅を

-ミュージシャン-
岡林信康:ボーカル、アコースティックギター
加藤 実:ピアノ、オルガン、アコーディオン、アコースティック・ギター、
エレクトリック・ギター、シンセサイザー・プログラミング

2020年コロナ禍ですべての仕事がキャンセルとなった中、岡林さんから曲が出来たからピアノを重ねて欲しい、と3曲弾き語りのCDが送られてきました。勿論二つ返事で喜んで!と作業に取り掛かり音源を仕上げて送り返し「気に入ったよ!」と電話をもらい、ホッとしつつ喜んでいました。
その後、また2曲、3曲と新曲が届き、とうとうCDにする、との話に!
今回のレコーディングは、対面をせずに音源のやり取りだけでアルバムを制作するという、コロナ禍ならではのやり方で、自分にとっても初めての試みでした。『なるべくシンプルにして岡林信康ワールドを壊さない』ことを心がけて音を紡いでいきました。デモ音源をデジタルピアノで作った後にアコースティックピアノに差し替えるのですが、デジタルピアノは岡林さんの世界に溶け込まないんです。アコースティックに差し替えると落ち着くんですよね。デジタルは岡林さんの詩、曲、声、の持っている力に負けてしまうんでしょうか。
そんな岡林さんの風景の片隅に参加できた事、とても光栄に思います。
(加藤 実)

Amazon
タワーレコード
HMV
ディスクユニオン

広島、中間公演中止のお知らせ

新型コロナウイルスの感染予防、拡散防止を考え、下記広島及び中間の振替公演を中止(無期限延期)とさせていただきます。公演を楽しみにされていた皆様には大変申し訳ございません。

公演中止(無期限延期)
岡林信康コンサート2020【振替公演】
2021年2月26日(金)
18:30開演(18:00開場)
会場:広島クラブクアトロ
出演:岡林信康(歌/ギター)/加藤実(ピアノ)

-広島公演チケット払戻しについて-
払戻期間:12/7(月)から1/31(日)まで
受付時間、払戻方法:
各プレイガイド等での払い戻しとなります。
詳細はこちらのページにてご確認ください。
https://www.club-quattro.com/hiroshima/schedule/detail.php?id=10924
ご不明な点がございましたら、広島クラブクアトロ
TEL:082-542-2280までお問い合せください。

——————————————-

公演中止(無期限延期)
岡林信康コンサート2020【振替公演】
2021年2月28日(日)
15:30開演(15:00開場)
会場:なかまハーモニーホール
出演:岡林信康(歌/ギター)/加藤実(ピアノ)

-中間公演チケット払戻しについて-
払戻期間:11/2(月)から12/26(土)まで
受付時間:10:00から18:00まで
払戻方法:来館 もしくは 振込み
来館希望:チケット、印鑑をご持参ください。
振込希望:093-245-8000までお問い合せください。
主催:アオイスタジオ株式会社/公益財団法人 中間市文化振興財団

松本隆 50周年 風街古都 コトノハ 岡林信康サプライズ出演

作詞家の松本隆さんの活動50周年記念ライブが2020年11月2日(月)夜に生配信されました。
岡林信康がサプライズゲストで登場し、松本隆さんと30年ぶりに再会、松本さんがプロデュースしたアルバム『金色のライオン』(1973年)より「26ばんめの秋」を歌わせていただきました。

松本隆の詩世界 活動50年記念ライブ“神様″との劇的再会

10月3日(土)太田公演中止のお知らせ

【太田公演中止のお知らせ】
2020年10月3日(土)に太田市藪塚本町文化ホールで開催を予定しておりました「岡林信康コンサート2020」公演につきまして、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、政府および地方自治体の今後に向けた方針等を検討しました結果、出演者やスタッフ、お客様の安全を確保することが困難なことから、大変残念ですが、中止を決定いたしました。楽しみにしていただいた皆様には深くお詫びを申し上げます。
既にチケットを買い求め頂いているお客様にはご迷惑をお掛け致しまして申し訳ございませんが、何卒ご理解を賜りたくお願い申し上げます。
なお、引換がおすみでないチケットに関してはキャンセルの手続きをさせていただきます。

〈チケット払い戻し方法〉
お買い求めいただきましたプレイガイド・会館にてご対応いたします。
チケットがない場合や半券がない場合は払い戻しできませんので、チケットは大切に保管をお願いします。(・払戻対象はチケット代金のみとなります。郵送でご購入された方の各手数料は対象外です。)

■太田市民会館、太田市新田文化会館、太田市藪塚本町文化ホールにてご購入のお客様
【払戻し期間】8月15日(土)9:00 ~ 10月20日(火)17:00まで
※期間終了後の払戻しの受付はいたしかねますので、十分にご注意ください。
※半券のついたチケットが払戻しの対象となります。半券がない場合は払戻しできません。
【窓口払戻】
・払戻しは、太田市薮塚本町文化ホールで払い戻しいたします。払い戻し受付期間内にチケットをお持ちの上、ご来館ください。払い戻し受付時間は9:00 ~ 17:00となります。(但し月曜日は休館日(祝日の場合は翌平日が休館)となるため受付できません)
・太田市民会館・太田市新田文化会館で払い戻しを希望される方は、別途太田市薮塚本町文化ホールへお問い合わせください。
【現金書留】
簡易書留でチケットと下記必要事項を、太田市藪塚本町文化ホール宛にお送りください。
住所(379-2304 群馬県太田市大原町505-2)
簡易書留にかかる料金はお客様のご負担となります。
(普通郵便でお送りいただいた場合の未着事故などにつきましては、責任を負いかねますのでご注意ください。)
〈ご送付頂くもの〉
1・該当公演のチケット(半券のついたチケットが払戻しの対象となります。)
2・チケットご購入のお客様のお名前・郵便番号・ご住所・連絡先を明記したメモ
チケットの到着確認後、1ケ月以内に現金書留にてお送りいたします。
【お問合せ】 太田市藪塚本町文化ホール:0277-78-0511 [9:00~17:00]
※月曜休館日。月曜日が祝日の場合は翌平日が休館となります。

■CNプレイガイド/アオイチケットにてご購入されたお客様
【払戻期間】8月15日(土)10:00 ~ 10月20日(火)22:00まで
払戻方法は、チケットの受取方法や支払方法などにより異なります。下記URLよりご確認ください。
http://www.cnplayguide.com/refund/
【お問合せ】CNプレイガイド 0570-08-9999[平日11:00-15:00/土日祝10:00-15:00]
※営業時間は変更の可能性がございます

岡林信康の新曲「復活の朝」YouTubeで先行配信


岡林信康の8年ぶりとなる新曲「復活の朝」。2012年の「さよならひとつ」以来、実に8年ぶりの新曲となります。
今回はできるだけ早く発表したいという気持ちもあり、Youtubeで先行配信しました。
是非お聴きください。

「復活の朝」作詞作曲:岡林信康
歌・ギター:岡林信康
キーボード:加藤実

新型コロナウイルスの影響で、コンサート活動が休止となっている中、日々流れてくる様々なニュースや、暮らしの中から浮かびあがった岡林信康の新しい世界。